e-select

全店送料無料のお取り寄せ通販ギフトサイト e-select!


ようこそ、ゲストさん
カートを見る
商品数:0 合計:\0
ログイン
パスワードを忘れた方
ユーザー登録はこちら

ホーム > ショップ一覧 > yuyujin
  ラッピングイメージ ショップの商品一覧
釉遊人


き物を選ぶのは、洋服を選ぶのと一緒。釉遊人(ゆうゆうじん)のオーナー孫田容子さんはそう語る。難しい説明などは抜きにして、まず自分でひとつ選んでみる。その時にチョイスしたものは、たぶんその時の自分にぴったりのもののはず。もしかすると、何年か経ったときに、あれは失敗だったということを感じることもあるけれど、それはそれで自分の感性が磨かれた証拠なのだ、と。

現に私が最初に買った器をいま振り返ると結構失敗が多いと、孫田さんは笑いながら話してくれた。作者や窯にまつわる情報など焼き物は難しそうだなと思いこんでいた我々には、そのシンプルな考え方にとても救われる感じがした。そしてやはり、それこそがモノ選びの基本なのだと改めて教えられた気もした。 釉遊人は現在、東急東横線学芸大学駅のそばと、青山に店舗を構えている。本店の学芸大学店は20年前にオープンしたものだ。

きっかけは「自分で欲しいと思う器がなかったから」。結婚で新しい生活を始めるにあたり、器を探したが、いいと思えるモノがあまりなかった。ならば自分でつくってみるかと陶芸を習い、ついには自宅に窯をこさえてしまった。その情熱はとどまることをしらず、最後にはショップをオープンするまでになったのである。10年ひと昔といわれるが、20年間器のお店を続けるというのは、そう簡単なことではないはずだ。孫田さんの情熱と、器に対するしっかりとした目があったからこそなのだろう。といっても、当の孫田さん自身は、作家や窯にはあまりこだわりはないらしい。

ただひとつベースに考えているのは、柳宗悦らが中心になっておこなった民芸運動のスピリット。鑑賞するのではなく、使用してこそ器であり、高尚な芸術よりも、各地の暮らしの中にある美、つまり工芸美にスポットをあてようとした民芸運動に強く揺さぶられたとのだという。店内には作家がつくる一点ものも置いてある。けれどその多くは地方の窯で焼かれたものだ。

釉遊人には他の店にはない、なにか素朴な優しさがあるように感じていたが、そこにはそんなコンセプトがあったのだ。 青山のお店はいま、娘さんが中心に運営している。そろそろ隠居しようかしら、と孫田さんは冗談めかして笑う。自宅の窯で器をつくりたいらしい。彼女の作品がお店に並ぶのも、そう遠い日ではないかもしれない。

  bsOC[W Vbvi
ページトップへ