e-select

全店送料無料のお取り寄せ通販ギフトサイト e-select!

専用サーバ・専用レンタルサーバー・専用ホスティングは at+link 株式会社リンク
ホーム はじめての方 カートを見る お問い合せ ログイン

e-selectってなに?
ようこそ、ゲストさん
カートを見る
商品数:0 合計:\0
ログイン
パスワードを忘れた方
ユーザー登録はこちら

キーワード検索 検索のコツ
検索
予算・カテゴリで検索
安心の食・本物の食
厳選食品・食材
のし・化粧箱対応品
  厳選食品・食材
  のし・化粧箱対応品
  キッチン用品
  リビング・生活雑貨
  ファッション小物
  時計
  アート
  ホビー
  アンダーウェア
ショップ一覧
カテゴリ一覧
お問い合わせはこちら
オーダーの手引き
よくある質問
サイトマップ

パンツなら e-select ズラリと揃う有名ブランド
カオリ★ナラ ターナー発のフンデーション
Aroma Opera :ハート(グレープフルーツオイル付)
セントオリエント・スパ
ホーム > ショップ一覧 > 生活春秋
  ショップの商品一覧
生活春秋

「無水鍋」という名前を聞いて懐かしく思う人は多いのではないだろうか。その名のとおり、水を一切使わずに食材の水分だけで調理が出来る、という魔法の鍋。1953年、日本で最初のアルミ合金鋳物厚手鍋として広島で産声を上げ、以来、累計1,000万台を売る大ベストセラーとなった名物商品である。




ブロッコリーの無水茹で
水無しなのにわずか2分でしっとり茹で上がった
唐揚げはなんと油を1cm入れるだけでOK!
外カリッ、中ジュワ〜で超経済的!
厚手の蓋はフライパンとして使え
1鍋8役をこなすスグレモノ
羽釜の原理でお米もふっくら!
お米は乾燥物なのでさすがに水を入れましょう
全体から熱が伝わるのでパンも焼けます!
しっとりフワフワ、でおいしいですよ
「超多機能調理器具」「世界のロングセラー」
さまざまな雑誌で絶賛されています!
お客さまからの使用後の感想のハガキの山
「とにかく最高!」と喜びの声続出なんです!
日本の台所で50年。水を使わず料理ができる
1鍋8役の無水鍋は、親子三代に受け継がれる逸品。

肉厚のアルミのボディに丸みを帯びたカーブ。見る人によっては質実剛健な無骨さであり、シンプルなかわいらしいデザインともとれる。無水鍋のこの基本デザインは、1953年の発売以来、ほぼ変わっていない。それは「これ以上改良する所のない完成品」であることの証。発売以来、現在までの販売累計では、実に国内の4世帯に一世帯が使用している計算になる。小さい頃、家でこの鍋を見たことがある方も多いのではないだろうか。

無水鍋を一躍有名にしたのは、なんと言っても水を加えず、食品自体に含まれている水分だけで料理が出来る(乾燥物以外)という不思議さだろう。一切の水を使わず、蒸す、煮る、焼く、炒める・・・、すべての調理がこの鍋一つでできるのである。まったく、そんなバカな、なのである。

本当に水無しでブロッコリーは
茹で上がるのか?

しかし、水無しで調理などということが果たして現実に可能なのだろうか。半信半疑のままに、サンプルを取り寄せ、自宅で使用してみた。

試しにブロッコリーをそのまま鍋に放り込んでみる。すると、1分もたたない内に鍋の淵から蒸気が漏れてきた。そこで火を止めてそのまま1分待つ。蓋をあけてみると、見事にブロッコリーが茹で上がっていた。鍋をコンロにセットしてから正味2分、実際に水を使わずにブロッコリーが茹で上がってしまった。

この秘密は羽釜の原理にある。無水鍋は昔かまどで使われていた羽釜の形をヒントに作られている。蓋も重くできていて、羽釜の木の蓋と本体がピッタリとくっついて蒸気を逃がさないように、内部を高温、均一に保つことができるのだ。さらに均一なアルミニウム合金鋳物製のため熱の回りが速く、熱伝導が抜群。実際に無水鍋に水を張り沸かしてみると、ものの数分で沸騰した。しかし頭で考えると理解できるのだが、やはり目の前で水も入れずに物が茹で上がってしまうのを見せられると驚きを禁じえない。

さらに茹で上がったブロッコリーを口に運んでみてびっくり。ほのかな甘みが残り、味が驚くほど濃厚なのである。余分な水を使わないため加熱時間が短くなることで、栄養分、旨味が溶け出すのを防いでいるのだ。それは、とりもなおさず野菜の持つ栄養を逃がさないということなのだ。


唐揚げに必要な油はたった1cm?

さらに私がどうしても気になっていて試してみたかった、唐揚げに挑戦してみる。パンフレットに書いてあった「唐揚げが1cmの油で揚げられる」! これはぜひ、試してみたかったのである。まさか、さすがに1cmということはないだろう。

しかし、これが何の問題もなくできてしまった。さらに驚いたことに唐揚げを作った後、鍋に入れた1cmの油は、ほとんど量が減らずに残っているのである。これは食材があまり油を吸っていないということにほかならない。出来上がった唐揚げはベトベト感もなく、理想的にカラっと揚がっていた。後日、生活春秋の林徳生さんにその話をすると、「ああ、無水鍋は熱伝導がいいですからね、油がまったく減らないんですよ」と言われてしまった。家計の経済とともに、メタボリックの対策にも役に立ちそうだ。


1鍋8役、今のところ親子三代まで
使用可能です

林さんが言うには無水鍋でご飯を炊くのが一番美味しいのだそうだ。内部が高温で均一に保たれることにより、デンプンのα化が進み、ふっくらと美味しいご飯が炊けるのだそうだ。たしかに羽釜の一番美味しく炊ける部分をヒントに制作されているのだから、これで炊いた米は相当うまいに違いない。分厚い蓋はそのままフライパンとしても使え、広告に偽りなく、1鍋8役である。

おまけに、無水鍋は、高純度で厚手のアルミ製鍋のため、耐久性も半永久的なのだそうだ。親子三代で愛用しているご家庭も少なくないのだとか。まさに「親、子、水いらず。日本のお台所で50年」の看板に偽りなしである。男子厨房に入るべし。実際に使用してみて、すっかり無水鍋信者になってしまった私である。

 
  Vbvi
ページトップへ